It's a beautiful day

取るに足らない、ささやかな出来事について

週末、透明人間になってモーニングを食べる

気になって仕方ないんだけど見てないふりをすることってよくある。
隣の席に座っている女装男子の話だ。

続きを読む

大事なものは目に見えないということについて

大事なものがずっと長いあいだ目の前にあるのに、それに気づかないでやり過ごしてしまうことって結構ある。そして後から知って失敗したと悔やんだり、なんで気づかなかったんだと残念に思ったりする。
床暖房の話だ。

続きを読む

傘をさすタイミング

タイミングって難しいけど、最近難しいと思うのが傘をさすタイミングだ。言い換えると、傘をいつさせばいいのかの判断が難しいのだ。

雨が降ったらさせばいいじゃない、とあなたは言うかもしれない。
でも、雨というのはそんな、善か悪か、丁か半か、みたいな二元論で語れるようなものではない。
晴れてたのに、次の瞬間にどじゃあっと降り出して、傘をさすのが間に合わなくてびしょびしょになるって、日本ではあまりない。
「雨が降ってない」と「雨が降ってる」の間には無限のグラデーションが広がっているのだ。

続きを読む

Tさんの話

Tさんは、中国から留学生として来日してから数十年、日本で仕事をして暮らしている。ぱっと見は現代の北京原人を思わせる風貌で、額から頭頂部にかけて毛髪の残量が危機的になっており、やむなくバーコード状態になっている。


そんな彼は、とても真面目で女好き。以前、中国出張のさいに寄ったディスコで自称女子大生と仲良くなり、なぜか自分の住所を教えてしまって、女子大生からの手紙が日本の自宅に届くという事件を起こしている。もちろん手紙の第一発見者は奥さんで、こっひどく怒られたそうだ。

続きを読む
広告を非表示にする